Wordpress

5分で解決!!難しい操作なし。簡単バックアッププラグイン「All-in-One WP Migration」

All-in-One WP Migrationはバカでも簡単にバックアップができます。

基本的にconoHa Wing使っている方は自動でサイトのデータを保存してくれる超絶便利なレンタルサーバーなのですが知識としてご紹介します。

この記事で紹介するWordpressプラグインはサイトの引っ越しや必要なデータだけ保存して簡単に別のブログにコピーしたりできるので必ず必要なツールではありませんが覚えておいて損するという事が無いので知識として覚えておいてくださいね!

 

たゆ
Wordpressでブログやサイトを運用していく時に絶対に必要な作業があります。

 

ブログのバックアップ

 

絶対に頭にいれておいてください。

 

警告

知っておかないとブログ人生が終了してしまう可能性があります。

 

その名の通りデータを保存するという事です。

もしバックアップしていなくデータがぶっ飛んだ、、、

記事も画像もテーマのカスタマイズも全て白紙に戻ります。

 

そうなったらどうしますか?

 

僕はしばらく布団から出てこなくなると思います。。。笑

 

なので、定期的にバックアップ作業は必要になってきます。

 

先ほども言いましたが、ConoHaサーバーは自動でバックアップを保存してもらえているのですが、

僕は保険の保険としてバックアップはローカル環境でパソコンにも保存しておきたい派なんです。

 

バックアップ系のプラグインは有名なものは何個かあるのですが、FTP操作なしで簡単に使えるプラグインを1つ紹介します。

 

All-in-One WP Migration(オールインワン ダブルピー マイグレーション)

 

バックアップとサーバーの引っ越しがファイル形式でWordpressの管理画面内で完結する単純で使いやすいプラグインです。

 

僕はよく新しいサイトにプラグインだけコピーしたい時に使います。

 

プラグインのファイルだけ保存して、新しいサイトにAll-in-One WP Migrationをインストールしてからインポートするだけの単純作業でサイトに合わせてコピーしたプラグインの設定を編集するだけで楽チンです。

 

他にもバックアップ系プラグインはありますがシンプルで直感的に操作できる事ができます。

 

All-in-One WP Migrationの機能について

All-in-One WP Migrationについて紹介します

無料で使えるバックアップ系のプラグインでサイトを構成する全てのデータをインポートとエクスポートをする事ができます。

 

テーマ、プラグイン、画像、記事、設定などを感覚的に使う事ができて、僕も触りたくないFTPソフトなどに慣れていない僕のような人間にオススメできるプラグインになります。

 

最大アップロードサイズが「512MB」を超える場合は容量制限を解除する有料の拡張機能があります。

 

データ量の多くないサイトなら無料の範囲で使えるので是非使ってみてください。

 

それ以上になると拡張するかサーバーにバックアップor別プラグインを使えば解決できるので、とりあえず1番簡単なので覚えておくといいと思います。

 

スマホにSDカードを差してデータの読み書きができるぐらい簡単に完結しちゃいます。

 

バックアップ方法

All-in-One WP Migration エクスポート方法手順

 

管理画面→All-in-One WP Migration→エクスポートと進みます。

 

All-in-One WP Migration エクスポート方法手順 高度なオプションを選択

 

高度なオプションをクリックするとエクスポートをしないものを選択できます。

 

バックアップするデータを選んでください。

 

僕はローカルにも保存したいのでエクスポート先でファイルを選択しています。

  • ファイル
  • FTP
  • DROPBOX
  • GOOGLE DRIVE
  • AMAZON S3
  • BACKBLAZE B2
  • ONEDRIVE
  • BOX
  • MEGA
  • DIGITALOCEAN
  • GOOGLE CLOUD
  • AZURE STORAGE
  • AMAZON GLACIER
  • PCLOUD
  • WEBDAV
  • S3 CLIENT

などがあるので好きな場所にデータをエクスポート先(保存先)に選んでください。

 

僕はスパムコメントはいらないのでエクスポートしていません。

 

All-in-One WP Migration エクスポート方法手順 保存先を選択する

 

あとはダウンロードをするだけです。

 

これでエクスポートの作業は完了です!

 

エクスポートから復元する方法

All-in-One WP Migration 復元方法の手順

 

次はエクスポート(バックアップ)したデータをインポートする手順です。

 

インポートを選択します。

 

All-in-One WP Migration 復元方法2

 

インポート元にエクスポートしたファイルをドロップするだけです。

 

しかし、、、

 

All-in-One WP Migration 復元方法3

 

32MBまでしかインポートできません。

 

なので1つ上の画像の無制限版の購入というところをクリックします。

 

すると、、、

 

All-in-One WP Migration 復元方法4

 

この画面にいきます。

 

ベーシックの無料拡張プラグインをダウンロードして有効化すると無料で512MBまでインストールできるようになります。

 

てゆうか、32MBなんて使いものにならなくね?なら最初から512MBにしておけよ!って感じで思ってしまうのは僕だけでしょうか、、、笑

 

そして拡張プラグインをインストールして有効化した後にもう一度同じ事をすると、、、

 

All-in-One WP Migration 復元方法5

 

この画面が出て開始をポチっと押します。

 

All-in-One WP Migration 復元方法6

 

はい、完了です。

 

簡単ですね。

 

バックアップから復元

All-in-One WP Migration 復元方法7

もう一つバックアップという選択する箇所があります。

 

ここにはエクスポートしだデータの履歴が残ってるので万が一エクスポートしたデータを無くしたりしたら使ってください。

 

こちらからもサイトの復元ができます。

 

引っ越ししたいorコピーしたい

All-in-One WP Migrationで引っ越しとコピーする方法の手順

 

もし、引っ越しやサイトをコピーしたい時に使える方法になります。

 

プラグインだけコピーしたい時に使っている方法はこれですね。

 

AとBサイトの両方にAll-in-One WP Migrationのプラグインをインストールしてください。

 

データを移動の流れ

  • Aサイトから必要なデータをエクスポート
  • BサイトにもAll-in-One WP Migrationをインストール
  • BサイトにAサイトのデータをインポート

 

これだけの流れです。

 

少し面倒になりますが、サイトデータを一括でエクスポートとインポートする場合で容量を超える場合はデータを分割して対処する事もできます。

 

できなければこの三択になります↓

512MBを超える容量の場合

  • All-in-One WP Migrationの有料拡張プラグインを購入する
  • FTPソフトを使う
  • 別のプラグインを使用する

 

買い切りでずっと使えるのでサイトを長く運用するなら拡張機能の購入もありかな?と思います。

 

僕は今のところは大容量のデータ移動はやった事がないので、まだ購入はしていません。

 

いずれ検討しようと思っています。

 

最後のまとめ

以上!僕のようなバカ向けのバックアップの手順でした。笑

 

色々調べて使ってみましたが、僕的に一番単純だと感じました。

 

バックアップは確実に大切になります!僕は週一程度でバックアップを保存しています。

 

保険に入らないでブログを続ける事は恐ろしいので必ずどんな方法でもバックアップは忘れないようにしてくださいね!

 

使わない時はプラグインを停止しておいてもいいのでインストールしておいて必要な時だけブラグインを有効化して利用するとサーバーの負担にならないと思います。

オススメ

-Wordpress
-, ,

Copyright© フリーランスならブログ集客でしょ!?【SNSとブログでマネタイズする仕組みについて】 , 2020 All Rights Reserved.