Word Press

【10分で簡単に解決】WordPressブログのSEO対策 All In One SEO Packの設定方法

【10分で簡単に解決】WordpressブログのSEO対策 All In One SEO Packの設定方法について

WordPressでブログを運営していくなら必ずと言ってもいいほど必要なプラグインの1つであるAll In One SEO Packについて解説していきます。

 

僕のブログで紹介している無料テーマのCocoonにはデフォルト状態でこのAll In One SEO Packを導入しなくてもいい機能が備わっているので、その他のテーマでもこのプラグインをインストールしなくてもいい環境の方は気にしなくても大丈夫ですが知識として少し覚えておくといいかもしれません。

 

デフォルト機能に類似した機能がなく、でWordpressでのブログ集客で成功したい方は導入してくださいね!

 

そしてこのAll In One SEO Packではどのような事ができるのかというと、、、

  • SEOのメタタグなどの設定
  • SNSの拡散効果を高めるための設定
  • Googleクローラーの巡回を促すXML Sitemap設定

主にこの3つの大切な設定ができるのがAll In One SEO Packになります。

 

わけがわからなくても解説通りに設定して有効化をしていれば問題ないのでご安心ください。

 

簡単に説明すると、Googleなどの検索エンジンに対して伝えないといけない情報の設定をかなり楽にしてくれるプラグインです。

 

めんどくさい設定の手抜きツールといったところでしょうか。笑

 

まず、軽くメタタグについて触れておきますが、

なんとなーく頭に入れておいてくだけで大丈夫です。

 

メタディスクリプション

meta name = description

 

Googleなどの検索エンジンに「私のブログはこんなテーマで記事を書いてますよ!」と伝えるのがmetaタグです。

目安としては120字程度がベストです。

 

長すぎると検索画面からはみ出すので簡潔に短くわかりやすく書くのがポイント

 

記事ごとに内容が違うので120文字程度でどんな記事を書いてか魅力的に説明した方がクリック率が上がります。

 

SEOに直接関わるわけではありませんが、検索したユーザー向けの対策になります。

メタキーワード

meta name = keywords

 

#タグみたいな感じであなたの書いたブログ記事に対するキーワードです。

 

半角カンマ(,)区切りでキーワード設定を複数指定する事ができるのですが、ユーザーが目にする事はありません。

 

ブログキーワードは3~5個ぐらいを目安にして多く入れすぎると最適な評価を受けられなくなったりペナルティを受ける可能性があるので欲張ってはダメです。

 

こちらは必須ではありませんが、Googleは検索順位を決める指標でメタキーワードを一切見ていないのですが将来的にこのキーワードも指標にするとなった場合は後でキーワードを設定していくのが大変なので設定しておくといいかもしれません。

 

All in One SEO Packのかんたん設定方法

基本はプラグインインストール後はデフォルト設定でほぼ大丈夫です!

 

ここだけ必要だよという箇所を変更したり自分のサイトに適した設定を行ってください。

 

こんな設定ができます

  1. トップページのタイトルとメタタグの設定
  2. メタキーワード詳細設定
  3. 検索結果に表示するタイトル設定
  4. カスタム投稿用設定
  5. ディスプレイ設定
  6. ウェブマスターツール認証
  7. Google+連携とアナリティクス設定
  8. noindex設定
  9. 高度な設定

 

All in One SEO Pack一般設定方法

All in One SEO Pack一般設定方法と手順です。Wordpressには必須のSEO対策になります。

 

WordPress管理画面→All in One SEO Pack→一般設定と進みます。

 

 

All in One SEO Pack一般設定はデフォルトで大丈夫です

 

ここはデフォルトでOKです。

All in One SEO Pack ホームページ設定

 

All in One SEO Packホームページ設定について

 

説明

●ホームタイトル

あなたが運営していくWordpressブログのタイトル

●ホームのディスクリプション

あなたのブログはどんな内容のブログ記事なのかの説明文(120文字程度)

●固定フロントページを代用

無効に設定でOK

 

ここで入力した文字が検索結果で表示されるようになります。

 

All in One SEO Pack タイトル設定

 

All in One SEO Packタイトル設定について

 

デフォルトでOK

 

All in One SEO Pack コンテンツタイプ設定

投稿と固定ページにチェックが入って入ればOK

 

All in One SEO Pack表示設定について

 

こちらも投稿と固定ページにチェック

 

All in One SEO Pack ウェブマスター認証

All in One SEO Packウェブマスター認証について

 

検索エンジンの分析ツールを利用するための設定ができるのですが、

Google Search Consoleの設定しか僕はしていません。

 

Google Search Console

自分のサイトがどんなキーワードで検索されているか、ユーザーの検索流入を増やすための必要なデータを入手できるGoogleの無料ツールです。

 

他は特に必要ないと思います。サーチコンソールだけコードを入力して設定してください。

 

All in One SEO Pack Googleアナリティクス設定

Googoleアナリティクス設定について

Google Analytics

サイトに訪問したユーザーの滞在時間やどこの地域からのアクセスや男女やページビュー数などを細かく解析できるGoogleの無料解析ツールです。

 

自分のサイトとGoogleアナリティクスを簡単に設定する事ができます。

 

2の違い

  • Google Analytics サイト内の解析に便利
  • Google Search Console サイトに導くまでの解析

 

トラッキングIDを貼り付けましょう。

プロバディ設定→トラッキングコードから確認できます。

 

All in One SEO Pack Schema Settings

All in One SEO Pack Schema Settingsはデフォルトでok

 

デフォルトで画像と同じで大丈夫です。

Schema SettingsはデフォルトでOK!

検索エンジンにブログ内の情報を正確に伝えるためのものです。

 

All in One SEO Pack noindx設定

 

All in One SEO Pack noindx設定の手順

 

画像が見にくいです、、すいません。

投稿、固定ページ以外にチェックしてください。

下の方は2~6番目までチェックでOK

 

noindexとは

Googleの検索結果に反映させないという事です。Googleは総合評価でサイトの質を見ているのでなんでもかんでも反映させるよりも必要な情報を適切に伝える事が大切です。

 

All in One SEO Pack 詳細設定

 

All in One SEO Pack 詳細設定の手順

 

ディスクリプションを自動生成のみチェック

 

All in One SEO Pack キーワード設定

All in One SEO Pack キーワード設定について

 

有効化でOKです。

 

All in One SEO Pack XMLサイトマップ

All in One SEO Pack 機能設定について

 

XMLサイトマップが表示されていない場合はAll in One SEO Pack→機能設定と進みXMLサイトマップをアクティブにしてください。

 

 

All in One SEO Pack XMLサイトマップの設定について

 

画像の通り設定しておけば大丈夫です。

 

有効化してください。XMLサイトマップはサイトの全ての情報をGoogleに伝えます、RSSはサイトのすべての更新情報を伝えます。両者を併用することでGoogleは検索インデックス内のサイトを新鮮な状態に維持する事が可能になります。

 

●更新を予約

1週間に2回程の更新なら毎週、毎日更新しているなら毎日に設定してください。

 

●サイトマップインデックスを有効化

なしで大丈夫です。

 

●投稿タイプ

投稿と固定ページにチェックしてください。

 

●タクソノミー

カテゴリーとタグにチェックしてください。

 

●日別アーカイブページを含める

含めなくて大丈夫です。

 

●投稿者ページを含める

こちらもチェックなし。

 

●画像を除外

こちらもチェックなし。

 

●サイトマップを動的に生成

ここにチェックしてください。

 

All in One SEO Pack XMLサイトマップの追加ページ設定について

 

とくに必要ないと思います。

 

All in One SEO Pack XMLサイトマップの除外項目について

 

こちらもとくに必要ないと思います。

 

All in One SEO Pack XMLサイトマップ 優先順位について¥

 

デフォルトで大丈夫です。

 

All in One SEO Pack XMLサイトマップ 頻度について

 

 

こちらもデフォルトで大丈夫です。

 

最後にサイトマップを更新で終了です。

 

All in One SEO PackのXMLサイトマップ設定を行った場合はGoogle XML Sitemapsは導入しなくて大丈夫です。

 

むしろ機能が重複するので推奨しません。

オススメ

-Word Press
-, ,

Copyright© Tayu blog【札幌フリーランス美容師のブログ&SNS集客】 , 2020 All Rights Reserved.